バランスボールトレーニングを動画で実践!引き締まった肉体、モデルのような美しい体を目指しましょう

バランスボールでトレーニング > 腹筋、背筋、お尻、3種目ベーシックコース

腹筋、背筋、お尻、3種目ベーシックコース 腹筋、背筋、お尻、3種目ベーシックコース

バランスボール「コアトレーニング」腹筋、背筋(脊柱起立筋)、お尻(大臀筋)を鍛えるためのバランスボールレッスンです。【単独コース・3種目】

バランスのとれた体になりたい人、腹筋を引き締めたい人、ウエストを細くしたい人、背中の肉を落としたい人、ヒップアップしたい人、お尻の脂肪を取りたい人にオススメのエクササイズです。
今回のトレーニングでは、大型のバランスボール(=スイスボール)を利用します。

【解説】

第1種目・・・腹筋トレーニング
1. 背中をボールに付け、手は頭に、足はひざが90度になるようにしてポジションをとります。(ボールの曲線に沿って、自然に体を反らした形になるのがベスト)
2. 反っている体が直線になるまで体を起こします。
3. ゆっくり元の姿勢に戻ります。

第2種目・・・背筋トレーニング
1. お腹をボールに付け、手は頭に置いてポジションをとります。(ボールの曲線に沿って、自然に体を丸めた形になるのがベスト)
2. 胸を張った状態になるまでゆっくりと体を起こします。
3. ゆっくり元の姿勢に戻ります。

第3種目・・・尻トレーニング
1. ふくらはぎをボールにつけ姿勢で寝そべります。手は体の横に。(応用編はかかとボールにつける)
2. 体がまっすぐになるまでゆっくりとお尻を上げます。
3. ゆっくり元の姿勢に戻ります。

【ワンポイント!】

◆反動で起き上がったり、元の姿勢に戻ったりしないようにしましょう。鍛えている筋肉をしっかり意識して下さい。元の姿勢に戻るときも筋肉を使いながらゆっくり戻ります。

【回数】 3種目共通
両腕 : 15回×1~2セット(セット間の休憩 : 1分間)
※筋トレ初心者の人は、フォームの確認と合わせて1セット10回程度から始めてみましょう(10回⇒1分間休憩⇒10回⇒1分間休憩⇒10回)。10回でもきつい場合は、回数にこだわらず、あなたができる回数をこなしてみましょう。

【頻度】
1日置き(1度トレーニングしたら1日休み、再びトレーニング)
※1日置きでもだるかったり、疲れが残っている場合はもう一日休むようにしましょう。

それでは、レッツトレーニング!

■バランスボールトレーニング一覧