バランスボールトレーニングを動画で実践!引き締まった肉体、モデルのような美しい体を目指しましょう

バランスボールでトレーニング > 太ももの裏を引き締める方法、お尻の垂れ防止にも

太ももの裏を引き締める方法、お尻の垂れ防止にも 太ももの裏を引き締める方法、お尻の垂れ防止にも

バランスボール「ハムストリングを鍛える」ハムストリング(大腿二頭筋、太もも裏)を鍛えるバランスボール実践講座です。【単独コース・1種目】

太ももを細くしたい人、太ももを引き締めたい人、太ももの脂肪を落としたい人、お尻の垂れを防止したい人にオススメのエクササイズです。

【解説】
1.壁にボールを付けます。
2.ダンベルを持ち、足を前後に開き、体はボールに付けます。この時、ボールは背中の位置にくるようにして下さい。
3.ひざを曲げながら、前足のひざが90度になるまで、ゆっくりと体を下ろします。
4.ゆっくりと元の姿勢に戻ります。
これを1セット終わったら、左右の足を入れ替えて行ないます。

ダンベルの重さは、500g~1kgです。ダンベルがない場合は、ペットボトルに水を入れて代用することができます。

フォームになれるために、まずはダンベルを持たずに行なっても良いでしょう。

【ワンポイント!】
◆ゆっくりと太ももの裏の筋肉を意識しながら体を下ろしましょう。
◆前足を遠くに伸ばし過ぎないようにしましょう。(足を開き過ぎないように)

【回数】
左右各15回×2~3セット(セット間の休憩 : 1分間)
※筋トレ初心者の人は、フォームの確認と合わせて各10回×1セットから始めてみましょう。
それでもきつい場合は、回数・セット数にこだわらず、あなたができる範囲でチャレンジしてみましょう。

【頻度】
1日置き(1度トレーニングしたら1日休み、再びトレーニング)
※だるかったり、疲れが残っている場合は無理をせず休むようにしましょう。

それでは、レッツトレーニング!

■バランスボールトレーニング一覧