バランスボールトレーニングを動画で実践!引き締まった肉体、モデルのような美しい体を目指しましょう

バランスボールでトレーニング > ‘腹筋’ タグのついている投稿

‘腹筋’ タグのついている投稿

腹筋を割る、シックスパックを目指す/8種目サーキット

バランスボール「シックスパック」腹筋を割り、シックスパックを目指すバランスボール実践講座です。【単独コース・8種目】

腹筋を6つに割りたい人、腹筋を引き締めたい人、お腹の脂肪を落としたい人、腹筋を硬くしたい人にオススメのエクササイズです。

各種目の方法を学習し、マスターしたら下記の順番でトレーニングします。

【トレーニング構成】
第1種目:腹筋全体を鍛えるトレーニング(44秒~)
第2種目:腹筋上部を鍛えるトレーニング(52秒~)
第3種目:腹筋下部を鍛えるトレーニング(1分~)
第4種目:腹筋上部を鍛えるトレーニング(1分10秒~)
第5種目:腹斜筋(わき腹)を鍛えるトレーニング(1分17秒~)
第6種目:腹筋全体を鍛えるトレーニング(1分25秒~)
第7種目:腹斜筋(わき腹)を鍛えるトレーニング(1分34秒~)
第8種目:腹筋下部を鍛えるトレーニング(1分44秒~)

第1種目~第8種目を休憩を入れずに続けて行ないます。
回数は、各種目15~20回。体力に合わせて調節してください。

初心者の人や体力不足の場合、続けて行なうのは困難かも知れません。無理な場合、まずは1種目ずつフォームの確認と合わせてしっかとできるようにしてください。

1~5のセットメニューを通してできるようになったら、もう一回繰り返し(1~8×2回)行なうとシックパックになれる期間が短縮されるでしょう。1回通したら、1分~90秒間休憩して、再度第1種目~第8種目を通しで行ないます。

腹筋、背筋、胸筋、上半身集中トレーニング/連続5種目

バランスボール「上半身メニュー」上半身を集中的にトレーニングするバランスボール実践講座です。【連続コース・5種目】

上半身を引き締めたい人、上半身の脂肪を落としたい人、ウエストを細くしたい人、胸の垂れを防ぎたい人、よりスマートになりたい人にオススメのエクササイズです。

トレーナーの動作を参考に下記のトレーニングを一緒に実践します。

【トレーニング構成】
第1種目:脊柱起立筋(背筋中心)を鍛えるトレーニング×10回
第2種目:腹筋全体を鍛えるトレーニング×10回
第3種目:背筋上部を鍛えるトレーニング×10回
第4種目:胸上部を鍛えるトレーニング×10回
第5種目:腹筋下部を鍛えるトレーニング×10回

トレーナーについていくのが困難な人は、一種目ずつ動画を止めながら、まずはフォームの習得に努めることから初めても良いでしょう。
慣れて、感覚がつかめてきたら、トレーナーの動きについて一緒に実践してみて下さい。

1~5のセットメニューを通してできるようになったら、2~3回繰り返し(1~5×2~3回)行なうとより効果的です。

腹筋、背筋、お尻、3種目ベーシックコース

バランスボール「コアトレーニング」腹筋、背筋(脊柱起立筋)、お尻(大臀筋)を鍛えるためのバランスボールレッスンです。【単独コース・3種目】

バランスのとれた体になりたい人、腹筋を引き締めたい人、ウエストを細くしたい人、背中の肉を落としたい人、ヒップアップしたい人、お尻の脂肪を取りたい人にオススメのエクササイズです。
今回のトレーニングでは、大型のバランスボール(=スイスボール)を利用します。

【解説】

第1種目・・・腹筋トレーニング
1. 背中をボールに付け、手は頭に、足はひざが90度になるようにしてポジションをとります。(ボールの曲線に沿って、自然に体を反らした形になるのがベスト)
2. 反っている体が直線になるまで体を起こします。
3. ゆっくり元の姿勢に戻ります。

第2種目・・・背筋トレーニング
1. お腹をボールに付け、手は頭に置いてポジションをとります。(ボールの曲線に沿って、自然に体を丸めた形になるのがベスト)
2. 胸を張った状態になるまでゆっくりと体を起こします。
3. ゆっくり元の姿勢に戻ります。

第3種目・・・尻トレーニング
1. ふくらはぎをボールにつけ姿勢で寝そべります。手は体の横に。(応用編はかかとボールにつける)
2. 体がまっすぐになるまでゆっくりとお尻を上げます。
3. ゆっくり元の姿勢に戻ります。

腹筋全体を鍛える初心者向けトレーニング/5分間4種目

バランスボール「初心者向けメニュー」バランスボールで腹筋を鍛えたい初心者のためのバランスボールレッスンです。【連続コース・4種目】

腹筋を割りたい人、腹筋を引き締めたい人、ウエストを細くしたい人、お腹の脂肪を燃焼させたい人、お腹ぽっこりを解消したい人にオススメのエクササイズです。

トレーナーの動作を参考に下記のトレーニングを一緒に実践します。

【トレーニング構成】
第1種目:腹直筋を鍛えるトレーニング
第2種目:腹斜筋(わき腹)上部を鍛えるトレーニング
第3種目:腹筋下部(下腹)を鍛えるトレーニング
第4種目:腹斜筋(わき腹)全体を鍛えるトレーニング
最後にストレッチを行い終了です。

トレーナーについていくのが困難な人は、一種目ずつ動画を止めながら、まずはフォームの習得に努めることから初めても良いでしょう。
慣れて、感覚がつかめてきたら、トレーナーの動きについて一緒に実践してみて下さい。